バリスタなら資格取得にも注目を!|デキるCafeオーナー術

コーヒー

学校で勉強する

お店

今ではバリスタになるにも専門学校で勉強することが定番になっています、専門学校では知識技術を身に付けることだけでなく、バリスタの資格も取得できるようになっています。通学だけでなく、通信学科でも取得できる学校があります。

詳しくはコチラ

調理も学べる

お店

専門学校ではバリスタだけでなく、スイーツについても学ぶことが出来ます。スイーツのスキルもカフェ経営には欠かせないので、バリスタの学科からパティシエの学科に編入して技術と資格取得をするという人もいます。

詳しくはコチラ

本職にしたい

カフェやバリスタの専門学校に通えば資格取得をサポートしてもらえますよ。コチラをご確認ください。資料請求も可能なので要チェックですよ。

本職にするには

お店

美味しいコーヒーを提供するバリスタですが、以前から本職にしようという人が多くなってきています。バリスタを本職にするという場合には、今では専門学校で勉強することが定番になってきています。以前ではバリスタになるには、個人経営のカフェやチェーン店で働きながら技術を身に付ける、または海外で修行をするといったことがメインでした。もちろん人によってはまだカフェで働きながらバリスタの技術を身につけるという人も大勢ます。専門学校でバリスタの勉強をする場合には資格が取得できるようになっているのですが、働きながらの場合だとどうなるのかという疑問が出てきます。働きながらでの資格取得の場合、お店によって異なってきます。チェーン店の場合だと、その会社特有のバリスタの資格取得が出来るようになっていることが殆どです。実際にはバリスタというのは国家資格のような国に認められる資格というものがありませんし、必ず持っていないといけないというものでもないのです。

接客スキルも必要

実際にバリスタになるというのであれば、必要なのは知識と技術そして資格だけではありません。バリスタも接客を行っていることが殆どですので、接客スキルも身につける必要が出てきます。お客さんに美味しいコーヒーを楽しんでいただくには、バリスタの接客も大きく関係しているのです。いくらバリスタの資格を取得して美味しいコーヒーを淹れる事ができるようになっても、お客さんが気持よくコーヒータイムを過ごせるかにも注目しなくてはならないのです。

パン作りも学べる

お店

パンを好んでいる人は多く、将来はパン作りを本職にしようと考えている人も多くいます。パン作りも専門学校で学べるようになっています。卒業後の進路には個人店経営だけでなく、いろんな進路があります。

詳しくはコチラ