バリスタなら資格取得にも注目を!|デキるCafeオーナー術

コーヒー

学校で勉強する

学校で勉強する

お店

カフェを利用するという人だけでなく、今では自分でカフェを経営したいという人の数が増えています。実際に自身の店舗を持つとなった場合ですが、事前に経営のノウハウとバリスタの知識と技術を身に付けておく必要があります。経営のノウハウもバリスタの知識と技術も今では専門学校で勉強することが定番になっています。専門学校ではプロのバリスタや経営者がしっかりと技術と知識を教えこんでくれるので、卒業までには一人前のスキルが身についてます。また、バリスタに関しては資格を取得することが出来ます。基本バリスタには国家資格といったものがありませんので、修了認定というものになります。しかし、学校で勉強したという証ですので、就職では有利になることもあります。カフェ経営やバリスタを目指しているというのであれば、専門学校で学ぶという方法も考えておくと良いでしょう。

資格の取得

バリスタの知識と技術を学べる専門学校の数は多くなってきています。ある専門学校では、日本バリスタ協会のライセンスを授業で取得できるようになっています。資格が取得できるようになるにはコーヒーなどのドリンクを作れることだけでなく、抽出機器やコーヒー豆などの知識も必要です。コーヒー豆は種類や原産国だけでなく、淹れ方も重要になってきます。覚えるまではとても大変なのですが、一人前のバリスタになるには欠かせないことです。資格の取得は通学だけでなく通信学科でも取得できるようになっている専門学校もあるので、働きながらバリスタを学びたいという人でもしっかり資格取得が出来るようになります。