バリスタなら資格取得にも注目を!|デキるCafeオーナー術

コーヒー

調理も学べる

調理の技術

お店

カフェではコーヒーなどのドリンクだけでなく、スイーツや軽食も提供します。このことから、専門学校によってはバリスタの学科でも調理の技術を学ぶことができるようになっています。バリスタの勉強をしながら調理の技術を身につける事が出来るようになるのは、就職や個人経営の際には強みになります。しかし、コーヒーなどのドリンクと同じように、調理もただ作れるようになるだけではありません。オリジナルメニューの開発も必要不可欠になってきます。オリジナルメニューの開発と聞くと難しいイメージが強いのですが、調理の知識と技術をしっかり覚えておくことでスムーズに出来ます。そのため、専門学校でバリスタの勉強をしたことが調理の面でも役に立っているという卒業生がほとんどなのです。

スイーツを学ぶ

バリスタの知識や技術が学べる専門学校では、スイーツの学科もあります。スイーツの学科ではパティシエになるための人向けの学科ですが、専門学校によって学科の変更ができるシステムから、バリスタの学科からスイーツの学科に編入するという人も大勢います。編入したからといって必ずパティシエになるという人ばかりではありません。スイーツづくりのスキルを活かスことが出来るカフェ経営を実現するために編入する人もいるのです。また、パティシエの技術と資格を持っているとカフェだけでなくパティスリーやホテルの調理場など働ける範囲が広くなるというメリットも活かす事が出来るようになります。バリスタの学科からパティシエの学科に編入したいけど悩んでいるという場合には、働ける範囲が広くなるというメリットも忘れないでおくと良いでしょう。